2017年7月15日土曜日

やっぱり? 仲ちゃんと。土曜日。

2017年7月15日。土曜日。

バンフも、世界的な傾向に乗っかってて、連日、暑い夏が繰り広げられてます。

何も、心配事の無い週末。(今週は10日の月曜日から、新ポジションでの仕事が動き出してますが、色々、ホント、多種多様な事が起こってるけど、なんだか楽しく充実の内に終わった一週間でした~。)

今日は久々に仲ちゃんと、バンフでランチデートぉ。


Bear ストリートの、Tavern ってレストランの、Back Patio のセクションに案内してもらって。

これ、また、FB クイズにしたら、なんと、みかちゃんったら、Pizzaの、種類まで、あてた~。つわものだわ~。


観光客で、バンフアベニューはごった返してましたが、Bear ストリートはすこぉし、落ち着きがあって、ほんのり風通しが良い感じでした。

その後、川沿いをお散歩ののち、これまためっちゃくちゃに久々に、Park Museumに入りました。


今年は、Canada 150 の一環で、入園料無料。です。


初めてバンフに来た、大昔から、


展示物の動物のはく製くんたちは、


変ってないので、どれも、年季が入って来てます。。。


バッファローの頭。おっきいい。 近年、バンフ国立公園内で、バッファローを野生に返す。。っていうプロジェクトの一環で、放たれたバッファー君たち、無事、息づいているかな。。。根付いてるかな。。。


入園料は無料ですが、


入り口で、どこから来たか。。っていう、入園者調べ。。のチェックがありました。


バンフローカル。って言ったら、郵便番号を聞かれました。



私たちが、退出するときには、ニュージーランドから。。っていう中高年のおじさんおばさんのグループが入ってきた。


写真は、自由に撮って良いけど、ガラスには触らないでね。っていう注意事項でした。


この熊、写真に撮ったら、とっても、根の優しそうな表情に取れて、笑った。


これも、笑える。ビーバー巨大だし。


このマーモットのいでたちも、笑えた~。

横では、イタチの種類のはく製に、「あれ~、これ、この間道渡ったの見たかも!」って、大騒ぎしている白人のおばさんがいました。


この冬はフクロウツアーに行かなかったから、


久々に、フクロウのラインアップに、ご挨拶。


今度の冬は、また、大明神さま、仲ちゃんと、私、シロフクロウツアー連れてってください~。



このちっこいのも、見つけてみたいし。

この後、Park Museumの、外のベンチで、仲ちゃんとおしゃべりしてたら、クラブツーリズムで来てる。。っていう、横浜市内在住、旦那さんは、リタイアメントした学者さん、娘さんは、イギリスのエジンバラに住んでて、イギリスに7歳の孫がいて、海外旅行に26回行ったことがあって、明日、また、カムループスに向けて出発。バスツアーで、バンクーバーに寄ってから日本に帰る。。。。って、おばあさん(70歳代と見た)が、隣に何だか和して座ってきて、「そんなに、個人情報、しゃべちゃって良いんですか?」って、まじに、私は聞きましたが、そんな質問は我ともせず、ず~~~~~~~~~っとしゃべり続けてくれちゃった。 その横を、むっすり旦那さんは、「じゃ。」って感じで、先にホテルに帰っちゃってるのに、「私は6時まで、自由時間なのぉ~。」って。

何年住んでるの?って聞いてきたから、約30年です。。って言ったら、あら~!。って。
「ご主人のお仕事のご都合?」って言うから、「いえ、自分の都合です。」って答えた私。。。そのあと、そのおばあさんは、シフトを切り替えて、ターボマックスで、自分の事、しゃべりまくってた。笑えた~。

私と仲ちゃんも、あんな、おばあさんになるのかも~。(笑) 



観光地バンフで、夏日満喫で、しゃべり倒した私たちは、Skokiで、冷たいデザートしてから、お別れ。


夕方は、山火事の煙が流れ込んで来てて、かすむカスケードを眺めながら、光と、お隣り町に、打ちっぱなしに行きました。

この土曜日、お隣りのKooteney 国立公園内で、山火事が発生したとか。


家に戻ってきたら、まだ、太陽はまだまだ高いのに、火事の煙が太陽をさえぎってで、燃える?ような夕日状態になってて、


空の太陽は、真っ赤。というか、オレンジ色の濃い色を発してて、


窓から、差し込む赤い夕陽が、我が家のキリンくんたちを、壁に映し出し、アフリカの夕焼け~?みたいになっていました。

バンフからは、26キロ離れた場所だそうです。

緊急出動要請は、バンフの消防署には入ってないみたいだから、大事にならずに、収まってくれるかな。

好天続いてて、空気も森も乾燥してる。 夕立が欲しい感じです。



2017年7月11日火曜日

マニュアルのない、大人生活。

2017年7月1日から9日。

カレンダー上は週末、祝日および、有給休暇続くの、7月上旬です。

ただ。。新しいポジションのお仕事がスタートしているし、たまった片付け物もあったので、幽霊出勤な7月4日。火曜日。


この日はのんびり。

己の日本の足を交互に前に進める。っていう人類に備わった一番単純な運動機能を駆使して、ゆ~っくりじっくりバンフの景色と空気、Bow Riverのエネルギーと太陽を浴びながら、何分かかってもいいや。って、時間を費やして職場に向かった。


世間は子供たちの夏休みシーズンに入っているしバンフの小さなダウンタウンは観光客でごった返しの日々続く。。です。


川の水量は、一時より落ち着いたけど、それでも川幅一杯で流れてる。


バンフセンターロイドホールは、リノベーションがだいぶ進んで、(このウィングはお部屋は完成してて、外装の最終段階)


どこか日本の旅館?みたいな仕上がり。にも、見える。


景色に見晴らし、どちらも大きい。
(こんな恵まれた仕事環境が存在しててありがたい。)


ロイドの工事が全部終わったら、お試しで泊まりたいな~。と思ってて。。
待ち遠しい感じ。


そして、7月9日日曜日は、


またまた、ゴルフのお仲間さんと、


カルガリー空港脇の、飛行機の離発着がひっきりなしに、聞こえて見える、


Silverwing Link GC ってところに出かけて、


オトナのゴルフ部の活動。 


光の職場の仲間のKonyaくん。

(これはラウンド前の打ちっぱなしエリアの図。このゴルフ場は、木がまったくなくて、ラフの草はぼうぼうで深く、フェアウェイの手入れも行き届いてなかったけど、スタンピードディールとか言って、とても安くなってた。)


カルガリーの最高気温が30度に達してた、日中。夕方は、郊外で、竜巻警報、雷警報がでてたらしいけど、


ラウンド中は、お天気にも恵まれて、風が少々あったので、蚊の大群に襲われることもなく、楽しくラウンド。(カメラマンみかちゃん)


私はもともと、人間関係化学反応説(私とAさんの、間に起こる化学反応と、私とBさんの人の間に起こる化学反応は、それぞれ個性的で違う。。って意味)と、生物の多様性を (個性には一つとして同じものがない。。っていう意味で、人間様を表すのにも使ってる。私たちは、それぞれに、世界に一つだけの花。って意味ね。)賛美してるんだけど、


マニュアルのない大人生活、それぞれに、何を想い、何を願い、何をチョイスして、どう生きていくか。

そういう選択の自由が謳歌できる人生のステージに入ったのが、不思議でもあり誇らしくもあり。感謝の日々です。


そして、やっぱり、4次元に、健康で、はつらつと、死ぬまで生きよう。って思う毎日が繰り広げられています。


この文章をまたまた、目にしてしまった読者の皆様におかれましても、フィジカルに、メンタルに、エモーショナルに、スピリチュアルに、健康な毎日でありますように。

マニュアルの無い大人生活。

あなたは、どんなドラマを、自分のページに書き綴りたいですか?



2017年7月3日月曜日

オトナのゴルフ部。

2017年7月3日。月曜日。 今日はカナダデーの振り替え休日で、祝日です。

そして、私はまたまた有休消化満喫!?の一週間を迎える予定です。

(って、言っても、今週はたまった事務処理があるので、こっそり仕事に何時間か、そこここで出かけますけどぉ。。。みんなには、Ghostが出現しても、しゃべりかけないように。。って言ってます。笑。お互い時々そうやって、Ghost 出現してるので。)

1日の日の午後のゴルフ場での大雨は、


始めは、こんなだったグリーンが、


避難の後、


写真に写るくらいに大振り!!!になり、


数十分で、カート道は川、練習グリーンは、池。。
過激な振りだった。

明けて、2日は、私たち二人ともに、大ファンの、Jens Lindermanさんが率いる、Brassfire
のコンサートへ。



バンフは、この日も大きな青空。


1時から、2時間半越えで、町に素敵な音楽が響き渡りました。


芝生の上で、それぞれ好きな恰好で、のんびり聞けるのも最高。



インターミッション中、こっそり撮り。(失礼!)

そして、本日3日。

オトナのゴルフ部の本日の活動は、キャンモアで、日中、打ちっぱなしと寄せ、パターの練習。(光は夜番でお仕事が控えていますが。。。)


地味~に、練習に励んでいる二人です。


地元でゴルフしている人のお仲間さんも、じんわり増えて行きそうな雰囲気。

私設の、私たち二人の小さなゴルフ部も、練習に余念なく、楽しんでいます。





2017年7月2日日曜日

Happy Canada Day 150歳のお誕生日。

2017年も、半分が無事に終わり、7月1日。カナダデーでした。




1867年建国。150年を迎えた若い国です。



今年のバンフのパレードは、1時から。


昼間のパレードは、初めてです。


150年なので、気合が入ってたから、


山車も多かったし、長かったし、お祭りムードいっぱいでした。



今年は、馬の登場数も、多かったけど、


ずーーーっと立ち乗りしていた彼女たちが圧巻。。でした。

フィリピンコミュニティー、ロシア系の民族ダンス、バンフセンターの山車には、社長自らが、愛犬タイガーを抱っこして混ざって歩いてたし、日本人コミュニティーは、ソーラン節踊りながら、通り過ぎて行った。


最後に、この大昔に使ってたふる~~い消防者が、私たちの前を超えてすぐのあたりで、「ボン!」って、音たてて、そのまま動かなくなって。。



パレードの後は、今まで見たことないくらいの大勢の人がバンフ大通りを埋め尽くしてました。



その傍ら。


人力で、最後は、去って行った。ご苦労様~。


ひと。ひと。ひと~。


ひと~~~~。


その後、午後4時10分のハーフのTee Off が、Living Stone GCで、取れたので、出かけたら、



ホールの旗がカナダ国旗になってて、気分が盛り上がったのに、1ホールと、2打した時点で、にわかに、空が描き曇り、遠くで雷が始まった。

近づいてきたし、雨が落ち始め、これは、ヤバ。そう。。。ってことで、クラブハウスに戻ったら、直後に、「え!????」 

もうびっくり。。。ってくらいの超ゲリラ豪雨になり、30分くらい収まらず、バンバン雷は落ちるし、バケツをひっくり返した。。って言葉じゃ、表現しきれないくらいの豪雨体験。


全額返金してくれたので、収まったところで、バンフに戻った。

あとから、聞いたら、バンフはほとんど雨は降らなかったらしい。


夜は、お約束で、11時からの花火。

これが、また、スペシャルに気合入ってて、この29年に渡り、バンフで見た花火の中では、最高峰に美しく、迫力も、数もあって、構成も華やかで。。。

晴れて、雲って、豪雨に雷、風に吹かれ、花火のエネルギーを全身に浴びて、地球の4つのエレメント、大地、空気、水、火(陽)の全てが、カナダの150年を祝い、記念???して、今日からまた新たに、心機一転まき直して、動き出したのか???

って、思っちゃうような一日でした。