2018年8月18日土曜日

ヒロさんと千里さんの夏休み。Tim T 広報活動番外編。

2018年8月18日。土曜日に書いています。

日本に無事に帰国した、二人から滞在中の写真がいくつか送られてきました。


あれあれ? 二人ったら、日曜日のハイキングでも、


カナダでも、Tim T 広報活動したんだわ~。(笑)


田中家とのキャンプの時に、


出向いた、氷河でもぉ。


カナダからの、Tim T 広報活動の報告写真が来るとは、想像してなかったので、うふ。って心のどこかで、小粒さんは、微笑んでました。


そして、超番外編。出発の朝。


我が家の壁に、訪ねてくれた人、あかりや、友達の成長記録として刻まれてる 「カナダ大多和亭バージョン背比べの壁。」に、二人も、記念のドット刻印~。


Hiro-sanと、Chisatoの文字とドット、見えるかな~。

大多和亭背比べの壁からも、「またのお越しをお待ちしていま~す。」


2018年8月16日木曜日

ヒロさん千里さんの夏休み。また、遊びに来てください~!

2018年8月16日。木曜日。のお話しです。

ホントに、楽しい時間って、過ぎちゃって振り返ると 「あ」っという間。の6泊明けての出発日の朝。


今朝の朝ごはんは、夕べの大多和亭の残り利用で、シャケ親子丼。
(こんなの私にとっても、特別ぅ~!)


我が家のデッキに出ると、小鳥たちの声が聞こえる。
(春先の朝は、さえずりでいっぱい。)

今日も、鳥見。ならぬ、鳥聞き。がちょぴり出来て。



私も、楽しい時間、味合わせてもらえました。

訪ねて来てくれて、ありがとう。


カルガリー空港までの道すがらは、光とヒロさん、「車」話に花が咲き。

さてさて、次の再会は、地球のどのピンポイントになるでしょうか。

二人が空の上、飛んでる間に、フライングして、ブログアップしちゃいます。

(タイプ、劇早いもんで。笑。)

再会を楽しみにしています。

お互い、そして、それぞれ活躍の場 (時に苦しむ場)は違うけど、それぞれに、それなりに、自分らしく、生きていきましょう~~。

ヒロさん千里さんの夏休み。水曜日の大多和亭。

2018年8月15日。水曜日。のお話しです。

日曜日は、田中ちゃんとハイキング、月、火と二泊三日で田中夫婦とキャンプに出かけていた二人が、夕方バンフに帰って来ました。

今回の滞在は、ちょっぴり私が手前みそのおせっかいして3泊はバンフセンター。2泊キャンプ、そして、最後の一泊は(非営利個人趣味企画および超わがまま女将の勝手な運営の)オーベルジュ大多和泊。っていう企画。

今まででは初めて。とも言える、二人を囲んで打ち上げ!っていう 「平日」の大多和亭。

キャンプから戻った二人に、例のケミカルチームの面々が再会に集まってくれました。


まずは、みかちゃんから、Tim T 日本広報活動に感謝!で、再び新しいTim T 進呈~。


来週から早速の広報活動再開だそうで、報告写真楽しみにしちゃいます。


今日は時間を割いて、和田ちゃんも立ち寄ってくれました。
「いーなぁ~~~~。そのTシャツぅ」 by 和田。

今回は、Tim Hortons とは。ってのも、現地のTV見たり、(朝のNews で、キャスターがTim Hortonsの、コーヒーマグでコーヒー飲みながら、対談の図に、眼奪われてました~。)おしゃべりしたり。で、今まで以上に学んだ二人。 

このTシャツ、日本で着てたら、カナダ人には絶対声かけられるよ。って話しにも。そんな日が来たら、またまたご報告をお願いしま~す。


田中夫婦は朝が日々連日早いという事で、二人を送ってくれた後のこの打ち上げには参加できず。(残念でした。)


最近は、フルメンバー、あんまり集まれていませんが、「ケミカルファミリー」健在。


本日は、「居酒屋ナイトぉ」


大根とホタテのサラダと枝豆のおつまみからスタート。


サーモン親子だけのお刺身プレート。


しめ鯖とあぶりしめ鯖。


最近は「炙り」は、バンフ現地の寿司屋でも、人気が上向いてるそうです。


味わいが違うのが、はっきりわかって面白い。


イカゲソ揚げ


卓を囲んでの、おしゃべりと、笑い、大爆笑の渦とエネルギーは、我が家に Happy な空気をあっという間に満たし、


揚げナスと豚しゃぶのかんずりおろし。(ピリ辛)


おしゃべりしまくりは、


ぜ~ったいに、仲ちゃん。みんなの心、わしづかみ?で、笑わせてくれま~す。


大根煮物 餡と出汁がうんまいです。


ホタテの磯部巻き。


今日も、焼き加減絶妙の、


アルバータビーフは欠かせず。

おろしぽん酢でも、かんずりぽん酢でも、辛子醤油でも、ワサビ醤油でも、美味しく「和」な感じで、いただけます。


メインは、かた焼きそばのあんかけ。

原夫婦、伊藤夫婦は、明日が早いから、9時には退散~。って予定は未定で、最後のプリンまで完食してくれました。

(みんな今朝は、大丈夫だったぁ???)


みんなが帰った後、若い二人は、かた焼きそば、しっかり焼き目の、第二弾!を味わって、お約束のプリンまで、行きました。

食べ、飲み、しゃべり、笑い。

とっても楽しい時間が、また、思い出。っていうページの一枚に、ぎっしり書き込まれた夜。でした。

感謝。




2018年8月12日日曜日

ヒロさん千里さんの夏休み。Via Ferrataと大多和亭。

2018年8月11日。土曜日のお話しです。

今年はお天気が安定せず、天候読みにぐずぐずしてたら、ちょっぴり予約決行が遅くなっちゃって、前々から、3人で行こうね~。って言ってた、Via Ferrata の予約、午後2時半の4時間コースしか入り込めない。。って事態に陥ってた私達。 (近年人気急上昇中だそうで。あ、でも、日本人には、まだまだ知名度が低い。)


なので、午前中は、バンフセンタープールで水泳して体を目覚めさせてた二人は、


軽いランチに我が家まで来てくれて、


本日は、お稲荷さんと、冷やしタヌキうどん。で、午後のアクティビティーを待ちます。


そしてやって来ました、Norquay 山。

年末年始にスキーに来た事のある二人には、夏のノーケイ山は新鮮に見えたかな?



Via Ferrataの予約があると、特別に用意されてるパーキングまで進めちゃう。


今日のガイドさんは、Olivia 


装具をもらい、


今日は、私も同行~です。(岩のパワー大好きなので、4年ぶりにワクワク。)

私の4年前の記事は、アーカイブより。

4年前のアンバリーの記事 (英語ですけどこちらにも乗った。)


二人は最近は日本でも、ピークハントにがれば登りと、ハイキングがバージョンアップしているみたい。


気温も温かく、風もこの時点では穏やか。


出発後、最初の上りを超えたところで、吊り橋。

写真は、一緒に回った Okotoksから来たカナダ人とドイツ人カップルさん。


ガイドのOliviaが撮ってくれた写真。最初に千里さんが。


お次 ヒロさん。


私も、ゆらゆら、どきどき、楽しんで渡りました。(すんごい揺れます。)


私は、iPhone バックパックに入れてて、出し入れ不自由で写真が取れてない。

ヒロさんから、追加の写真がやってきたら、ここに足そう。。と思ってます。

** で、追加の写真~。 (後日追加分。。ってことで、小さめに貼ってます。)





ところが、半分ほど上がった場所で、Oliviaと、スタッフさんとのラジオでの会話が忙しくなった。山の上の方には、ゴッチが連れてるグループがいて、山の下ベースには気象観測をしてるスタッフがいて、「山のどっちの方角に黒い雲が見え始めてる」「まだ最初に聞こえた雷は遠いけど動きはどうか」などなど、いくつもの確認トーク。

数分様子を待ったけど、「最初のRed Spot (観測画面に雷の電光が映った)が、ほぼこの山の高い所で確認された。」っていうんで、全工程行かれず引き返すことに。

(もちろんその分返金してくれました。)


残念だったけど、カフェで10%引きになる。っていう言葉に踊り、小休止タイムを取って、


下りのリフトに乗ろうと思ったら、この日ベースのロッジで結婚式があって、リセプションまでの時間つぶしに上に上がってきた。。っていう、山には似使わない洋装の人々が並んでた。


が。。。雷鳴がとどろいたので、リフトは15分止まります。。って、


山の上でスタック~。


その後、大雨、大雷。


1時間くらい、待たされたけど、テキストでゴッチにスタックした~。って連絡したら、ベースに居たゴッチが、雷雲の切れ目に数分だけ、リフトを動かしてくれて、「すぐ乗って~!」のテキスト。感謝~。うまいこと降りてこれました。


その後、ちょぴり開催が遅めの8時になった、二人のWelcome の大多和亭。


今日は、こんな大きなステーキ焼くよ~!。


ヒロさん、千里さん、


原坊、みかちゃん、


そして、


ゴッチも参加してくれました。


光シェフ、


またまた、あつあつの料理のラインアップ、ありがとです。


その噂のゴッチ、おしゃべり、大笑いに花を咲かせてくれました。


私も楽しくて、わらっちゃってるせいか、


写真ぶれぶれ。にて失礼します。


なんか、い~っぱい、しゃべって、


食べて、笑って、そして、なんだかいつまでも、終わらない夜。

でした。