2017年2月24日金曜日

戦闘態勢~?

2017年2月24日に、書いています。(まだ、オフィスだけど)

今月は、3日しか、お休みが取れずじまいで、終わりそうな気配で、さらに、このまま、例年いらっしゃっている、450人規模の、オイル関係の、巨大コンファレンスに突入します。

忙しいですが、なんとか、笑顔?で、乗り切るべく、がんばってます。

ブログは、しばらく、お休みします。

再会の予定は、4月15日です。

これまた、チャレンジな事、して見ますが、4月15日に、また、覗きにきてください。(律儀に、帰ってきてくれる読者さんが、いるかなぁ~~~~~~。)

3月の上旬には、義理の姉と、姪っ子が遊びに来ます。

時間が許す限りは、外遊びも、計画します。 でも、これは、記事にならないかも、知れません。

なぜなら、思いっきり仕事して、思いっきり遊ぶ予定なので、写真や、ブログに時間がさけないかも。につき。

個人的につながりのある方からは、激励? メール、Facebook メッセージ、ラインで、よろしくお願いします。

たぶん、バンフ日本人女性で、現在一番、ターボチャージ状態で働いている、私。より。でした。

皆さんも、お元気で~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。

これから、帰路に着きますです。


2017年2月20日月曜日

憧れ VS 思い込み VS 現実ぅ。


彼女は、言った。

「アルバータの人には、コテージライフがない。」

オンタリオ出身の彼女は、さらに言った。

「オンタリオの人は、コテージ(つまりは、別荘)持ってる人が、一般的で、夏休みになったら、静かな森の中や、湖畔で、携帯電話や、テレビや、コンピューターから、開放されて、友人、知人、親戚と、ただただ、のんびり夏の休暇を過ごすのが、普通なのに!」

「どうして、アルバータの人には、そういう習慣持ってる人が、少ないわけ!?」

私に聞くなよ。って思ったけど、

「この辺は、湖畔に、別荘持てる湖ないからね。
アルバータの人は、お隣りのBC に、行かないと、そういう湖に巡り合えないじゃん。」

「バンフは、家賃も高いし、家も、夫も、子供も、何も持ってない私だし、ここじゃあ、一人者じゃ家も、買えないし。。」

30代を生きる彼女は、「私は40歳までに 家を買いたい」と。

春が終わるころ、オタワに引っ越す予定の彼女は、オンタリオでの、新生活に期待している。

ランチタイムから始まった、会話は、食後も、私のオフィスで さらに続いた。

途中から、アルバータの人々の暮らし。。への、ビッチング。。。(こけのくそ?に、悪く言う)が、ブーブー続いた。ので、

「あのさ~。私さ、カナダにあこがれて、この国に住もうと思ったんだよね。広大な土地があって、空が高くて、空気と水がきれいで、人が良い。 カナダ人の事、悪く言わないで~。私の、憧れ、夢、のカナダのイメージ、つぶさんといて。」

 「それに、私たちが暮らしてるここは、世界中の人が、一生に一回は、訪ねたい。って思う世界遺産な、場所。なんだよぉぉぉぉぉ。」

「そうだけど、世界中の人が押しかけてくるから、混雑がひどくなって、住んでる私たちローカルは、週末は、運転しない、はたまた、朝早くから、バンフから脱出。どこかに避難~。」 

(もちろんローカルの脱出先は、観光地ではありませんよぉ。)

「たしかに。。」

。。。。。。。。


遠く四半世紀以上前に、たった、数週間の、カナダ滞在中に、この上なく、ステキで、新しい体験をしたことで、描きまくったイメージと、自由な想定、思い込みから描いてた、カナダ人と、カナダ生活へのあこがれ。箱の外の人。だった過去の、私が、思い描いた、想定物語。

(この時の、YMCAキャンプ体験と、カウンセラー体験は、今でも、私の中では宝。ですけど。)

あの時の、心の中の、カナダ、カナダ人って、きらきらしてたな~。

今は、何人もの、多種多様なキャラクターの、カナダ人と、「今」の、目の前の現実ってのを共有してる。

そんな、風景と暮らし。。が、続いています。

2017年2月19日日曜日

精霊の 森(バンフ)人。 その1。


この世は、目に見えるものだけで、出来ているわけではない。

目に見えない物。見えない場所。見えない事。見えない人。見えない時。

私とあなたの間には、

目には見えない空気が満ちている。

目には見えないエネルギーが満ちている。

目には見えない言葉が満ちている。

目には見えない 酸素を吸って、目には見えない二酸化炭素を吐き、

同じ空気を共有して、今日も、今を生きている。

人は、古代の昔から、言の葉に、魂を込め、時に怨念を裏打ちし、遺伝子情報に刻んできた。今も、刻みつづけている。確かにあると、考えられている、遺伝子配列が語る、言の葉と、そのエネルギーに、人は、実は大きく支配されているかのようだ。

情報。知識。叡智。このそれぞれのエネルギーも、文字に変換しないかぎりは、目には見えない言の葉だ。脳裏に蓄積 記憶されている、されていく、エネルギーだ。


向かおうとする方向性という意図が、裏打ちされたとき、言の葉は、メッセージになる。





私とあなたの間には、目には見えない精霊が住んでいる。

いや、たぶん、世界は、いや宇宙も、精霊で満ちている。地球は、精霊の中に浮いているって言えるくらいなのかもしれない。

精霊が愛する森では、精霊たちが、目には見えない言の葉を、目には見えない泡の中に包んで、ストロマトライトが、地球に初めて酸素を、ぷっと、はいちゃった瞬間のように、透明に、ふつふつと静かに吹いている。

何千年もの時間と共に、U字谷を作り出し、さらに渓谷を刻んできた、氷たちや、水たちの声を微笑みのかなたに聞きながら、太陽の光と、時にやさしく、時に荒くれて駆け抜ける風たちと、一緒に精霊は、笑っている。遊んでいる。

そして時に、小さな声で、耳元に、そして時にものすごく遠くから、目には見えない、そして、音としても聞こえない、メッセージを運んできてくれる。

アスラに宿ったエネルギーのような、悪(嫌悪)を、死にいざなう、怨念燃料の破壊神ではない。

無 (ゼロ)から、1 が、生まれる瞬間の、奇跡に満ちた、命のエネルギーの源さんから、やって来て、何億年も、この地球とともにあり、命の誕生から、そのすべてを見守り、見届けてきた、厳しくも、厳かに優しい、そして森と自然を愛する精霊神だ。

この世は、目に見えるものだけで、出来ているわけではない。

私は、そしてきっとあなたも、精霊と生きている。



2017年2月12日日曜日

人生は、アート。だわ~~~~~~。

2017年2月8日。水曜日のお話。です。

この日は、バンフセンターの、The Clubで、

スタッフイベント、『Life is a Cabaret』がありました。

カナダでは、小学生時代から、『Show and Tell』(なにか、自分の経験や、持ち物紹介みたいなのを、みんなの前で、発表すること)や、

『Talent Show』と謳って、仲間の前で、特技をあれこれ、パフォーマンスする。

っていうのは、一般的なんだけど、

今回の、イベントは、まさに、大人のタレントショー。

これが、これが、素敵だったし、大感動。。。。な出来事でした。

ショーの舞台をかざったのは、全員が、センターのスタッフと、

プラクティカムメンバー。


最初っから、オペラ仕立て? 

MCの二人も、歌います。


普段は、センターの、まったく、アートのプログラム自体とは、
かかわりのない場所で、働いている、面々の、

才能が、すばらしくほとばしる夜。だった。


いつもは、会議場の設定の裏方で、リーダーシップと、筋力?を
発揮してる彼が、自作の曲を熱く歌う。


我らが、スージーも、普段は、ディッシュピットで、働いている
ウィル君の伴奏で、心に染み入る歌を

 熱唱。 

準備時間や、音あわせの時間だって、たっぷりあったわけじゃないのに、

みんな、うますぎ!!!。

感動で、涙もの。。でした。


ケルティックミュージックのドラムと、バイオリン。


日ごろは、フロアーサーバーで、がんばってる二人の、歌と
ピアノの演奏も。。。

透き通って、心に染み入る演奏。

が、いくつも、続きました。

『プロのオペラ?』って思えちゃうような、演目もあったんだけど、

目を奪われてて、写真無かった~~。


と、と、とにかく、

みんな素人???とは、まるで思えない、

プロのショーのような、スンバらしい腕前。
歌声。


感動。感動。感動。

なぜか、私は、プロフェッショナルな、パフォーマンスより、

一般人の日ごろは、見せびらかせてない、輝きが、

光る瞬間に、とことん感激するたち。

(これって、プロスポーツより、高校サッカーとか、高校野球とか、

アマチュアスポーツに、とことん、感動するのと、近いかも。)


今日の、ショーのタイトルは、LIFE IS A CABARET

スタッフイベントで、参加費は、無料。

バーで、ドリンク一杯買って、後は、素敵な、声と、音の世界に、
浸りました。

第二回が、催されるときがあったら、(企画されそうな空気)

また、感動しに、行きたい。。。と思います。

素敵な夜の、ひと時。。でした。


2017年2月8日水曜日

ジョンソンキャ二オン ナイト アイスウォーク~。

2017年2月7日。火曜日。のお話です。

今週は、新雪で、バンフの町も、すっかり冬化粧に、もどりました。
スキー場は、うはうは。。でしょう~。





ところで、時に、私たちのような職種は、あちこちのサプライヤーさんから、ご招待を受けます。 (コンファレンスのお客様に、オプショナルで、ツアーなど、紹介する機会が多々あるためです。)

この日は、バンフ地元の、ディスカバーバンフツアーが、私たちを、夜の、秘境!ジョンソンキャニオンのアイスウォークに、連れ出してくれました。

話は、いきなり、横道にそれて。。(これ、昔も、書いた。。かも、です。)

Johnston Canyon - 英語では、tを、トとは、言わないし、さらに、カナダ人は、tを、はっきり発音しないので、ジョンストンとは、聞こえません。

Toronto も、トロントとは、言わず、トゥロノ って聞こえるし、
Often も、イギリス人は、オフトゥンっていうけど、カナダ人は、オフン に近い発音。

Matt て名前も、絶対的に、マットとは聞こえません。マッ(t) って聞こえる。。。

** 話題を戻して。

この日は、朝マイナス27度の冷え込み。前日の6日の月曜も、寒くて、雪が降り続いてて、道が最悪の状態。。。

最初、コンファレンスのフロアーから、13人が、サインアップして、行く~。って盛り上がってたのに、日にちが近づいたら、風邪で、体調不良だの、セカンドジョブのシフトが急に入っただの、寒すぎるから、アウトドアは、いやだの、夜のイベントの後の、雪道運転で、帰宅が、精神的に負担。。だの、で、どんどん、参加者が減ってって、結局、6人で、連れていってもらいました。

ジョンソンキャニオンは、夏、冬、歩いたことはあるけど、どちらも、日中。

考えたら、夜の自然の森を散策したこと自体が、バンフに住み始めて、30年近くなるけど、初めての体験でした。(キャンプ場で、夜中に、木立を抜けて、トイレに行く。。ってのとは、わけが違う。)

確かに、マイナス20度。。。!の中の、冬ハイキングだったけど、ものすご~く、良かった。

重ね着スキーウエア上下、スノーブーツ、そして、それにつけるクリート、トゥーク(カナダ英語。毛糸とか、フリースとかの、つばなしのあったか帽子の事)ダブル手袋。。装備がちゃんとしていたので、歩いているうちに、ぽかぽかして来て、足元の雪の状態も、歩きやすかったし。。。

クリートと、ヘッドライトは、貸してくれて、使いたい人には、スキーポールも、杖代わりに、貸してくれた。

アイリッシュの、ガイドさんの説明を聞きながら、途中 時折止まって、ヘッドライトを消して、月明かりで、静かな森と、その音に、耳を傾け。

途中、トレイルに、かわいい FOX(キツネ)が、出てきて、私たちの、ヘッドライトが、気になったのか、行ったり来たり、森に消えていくまで、しばらく楽しませてくれた。

凍った第一の滝と、洞窟まで行って、滝は凍った壁の裏側で、流れているので、その音に浸り。。

折り返しの前に、あったかいホットチョコレートと、メープルクッキーで、体を芯からあっためて。。。

いやはや、なんとも、贅沢な時間。月も、星も、ものすごく綺麗な夜でした。

相変わらず、めっちゃくちゃに、忙しい毎日なんだけど、そんな日々の、平日に、こういう息抜きを、しかけてくれたのは、ありがたかった~。

スノーシューで、あちこち遊んでた、冬シーズンもあったな~。って思い出し、また、冬でも、夜でも、自然に触れ合う時間、楽しもう~。って、思った私。で。し。た。


(Photo Credit : Rebecca Norris)


キャニオンの下、断崖を見上げる。 


ガイドさんが、二本 トーチライトを持ってて、
闇に浮かび上がる、渓谷と、凍ったせせらぎと、森。


そして、滝。


参加者6人中、3人が、CSMでした~。

ジュリー、コーディネート、あ。り。が。と。う。

** 私のiPhone は、充電補填してったのに、あっという間に、バッテリーが死んじゃった。体の体温に、近いポケットに入れておけばよかったんだけど、普通に、ジャケットのポケットに入れてたのが、敗因でした!。  

それにしても、カナディアンロッキー。夜が、こんなに静かで、りん!として、素敵なんて、知らなかった~。