2018年10月1日月曜日

肌寒いまんま。9月から10月へ。

今年は9月にはインディアンサマーが、巡って来ませんでした。

世界的な気候変動の様子があまりにも、気まぐれだし、さらに強烈化してる傾向なので、10月とか、11月にまた、暖かさが戻ったりするのかも。ですが、何だか肌寒いまま9月から10月へとカレンダーが日めくられています。


9月24日。月曜日。日中の気温はプラスですから、


晴れたら雪は消えるし、


青空、木々の秋色は、日々増していますが、


一旦、気温が下がり夜半に雪模様になると、我が家のお向かいさんの家の前の木は、もう、ほとんど落葉。


29日。土曜日。朝から、雪交じりの雨模様。


バンフから、カルガリーへ。 
週末はバンフには訪れるお客様のためのスペースを奪わずに確保。な動きってか。(?)


久々に Via Cibo - ここのイタリアンは、美味しい。外したことないです。


ちょっぴりグローサリーの買い出しと、ヒーテットレンジで、うちっぱ。な。し。


帰り道。遠くに見渡すロッキーの山の景観は、冬のそれ。と、さして変わらなくなってる。

でも、夕刻、お隣りのBC州から、マツタケ取ってきたよ~。って、知り合いの方におすそ分けを頂いた。

(毎年、ありがとうございます~。 まさに秋。の風物詩。カナダ産マツタケ、美味しいですよぉ。)

で、光シェフが30日日曜日、


マツタケを気前よく厚切りに。そして、やっぱりたっぷりの揚げ入りの、


この上なく美味しい、マツタケごはんを焚いてくれて。

自家製のこれまた美味しいナムルを付け合わせて、幸せランチ。

感謝。感謝。か。ん。しゃぁ。。。

もう、ここず~っと、仕事ば~~~~っかりしている私の、小さく息抜き。な時間。


で、明けて、10月1日。 あれよあれよと、もう2018年も10月になっちゃいましたね。

朝は、家の前のこの子は、お砂糖振りかけられたような、うっすら。の新雪。

でも、今、これを書いている夜半の窓の外には、お天気予報曰く、「明日の朝までに、10センチの積雪」。って。なんか、まさに、そうかも。っていう天候が、繰り広げられつつある夜。です。

この9月の下旬から、10月上旬は、通常? (って何が通常なのか、もうあれこれずれずれになっているご時世ですが。) 黄葉最高潮の時期につき、日本からのお客様の数もそこそこ多い時期らしいけど、みなさんが、ちゃんと変わりやすいそして日本の十二分に冬。っていう気候に対応して、装備して、来られていることを、ささやかながら、ねがっちゃったりしています。 

観光や、黄葉ハイクで、あちこち、バスその他で、動いている現地ガイドさん、ドライバーさん。安全第一で。 

季節の変わり目、気温がプラスとマイナスをスイングする時期が一番道も、危険ですからね~。

でも、今年のスキーシーズンは、絶好調で、滑り出せそうな気配ですね。(このままだったら。)

初すべり、毎年年明け、4月っていういう私も、今年は12月から始動。かも~。なんちゃって。 (職場で、年中、スキー行こうね~。って話題になったりしています。)



2018年9月25日火曜日

2018年の秋色ドライブ。

2018年9月23日。日曜日。

この日はお天気が上向きな気配。


お昼前に、


少々雪の残っている我が家前より、


青空の方向へ、


ドライブ。に出かけました。


秋には、一度は走りたい、ここへ。


お決まりの場所のそこここをまわります。


まずは、バリアレイク周辺。


すかして感じる青空が、心地よいわけです。





そして、ウエッジポンド。


ここ、何年も前に偶然立ち寄った時以来の、お気に入りの場所。


その時は、きわめてマイナーな観光ポイント。って感じで、会社の英語人の人達も、Wedge Pondって名前を知っている人が少なかった。


でも、この日は、ほとりを、韓国人、中国人、そして、白人観光客が、散策してました。
人気っていうか、知名度の成長?を感じるわけです。


雲の動きの活発だった一日、


木漏れ日がさしたり、陰ったり。


場所によっては、かなり落葉も進んできてます。


なんで、緑が、こんなきれいな色に変化するのかな~。


「自然の神秘。」 で、遊ぶやつ。
(生来、お茶目系)


さらに、南下。南下。


この道は、途中から、あれ? 93号線?って思わせてくれるような景色になったりもする。


途中、舗装工事中で一車線通行。15分くらい待たされたので、おじさん、おばさんのセルフィータイム。


黄葉ハイキングに、かなりの車が繰り出して来ていて、路上駐車であふれ帰っているスポットも。


雪がついているから、よけいに地層の衝突とそのせり上がりの風景が目立つ山の表情に圧倒されちゃった。 

数年前にも、走っているルートなんだけど、新雪直後の景色、山並みの景観は新鮮。



この日も、お天気がめまるしく変化。


途中は数度、ぱらぱらと空が泣き。でも、降車時は、やむっていう、ラッキーパターン。


この道すがらは、牛が多いんです。注意して走行が不可。ですよ。


ちらっと眼に着いた、Cat Creekっていう場所で、途中下車。


川の流れ沿いに、


ミニミニ散策。


凄く静かでのんびりできそうな場所。


お天気さえ、味方に付いてくれたら、


ぽかぽか陽だまりで、お弁当。。って感じが合いそうな場所。


今日はあっちでもこっちでも、何頭も何頭も、牛が道端にたむろしてた。
なんで、広大な敷地で放牧されてるくせに、道端がお好き??


標高を挙げていって、


見晴らし台で、深呼吸。


ここ、景色良いで~す。


そして、さらに南下して、ブラックダイヤモンドの町、ターナーバレー、ブラッグクリークの集落を超えて、


見慣れた一号線に戻る、って走り方して、


カナナスキスから南カルガリーのエリアを広範囲に、ぐるっと一周。


時刻は夕方。

おなかすいちゃったので、手っ取り早い場所(ナコダ)で、小休止。


バーラウンジで、注文した、このシュリンプのロゼソースのパスタ、意外や意外に、満足のうまさ。シェフかわったのかな~。これにサラダかスープがついて16ドルは、お手軽価格だし。

この週末は、たっぷり二日活動して充実感あり~。

週開けて、仕事に行ったら、Facebookに、写真を貼ったのを見た、チームCSMの後輩のヤニーナが、「今度走ったところ地図に記して教えほしい~」 

こんな風に、景色の良い所、訪れてみたい場所。って、人づてにじんわり広まって行くんだわ~。と思う私。