2019年11月11日月曜日

東京ちょい住み2019

2日から4泊は義理の兄姉宅に寄せてもらっての東京ちょい住み。

今年の11月、東京のお天気は穏やかで暖かく日中は20度を超える気温。

マイナス17度を既に経験済みの小粒さんには極楽な気候が流れます。

日本には小洒落たもの使い勝手の良いもの、そして美味しいもの。
とにかく物が豊富。

日々兄姉宅のホームステイでは「和」な朝食をいただき、町に繰り出しあれこれ買い物 (日用品雑貨も見るだけでも楽しいですね〜。)

3日の夜、急に降り出した雨。 甥っ子に送迎お願いしちゃって、東武練馬では有名らしいZuzu って言うPizza の美味しいお店へ。



このお店のオーナーさんNapoli ピザ職人の認定資格を現地で取得してるツワモノ職人。

看板に偽りなしの品々を味わい尽くす。美味しかたですよ。

 

どうも携帯でのブログアップ サクサク出来ず。
短い記事羅列で行きます〜。


2019年11月10日日曜日

2019年11月 イン ジャパン

11月も前半が終了します。

小粒さんは1日から日本に上陸中です。

2日に羽田に到着。

HiroさんとChisatoさんが迎えてくれました。
お仕事帰りに来てくれたのでHiroさんはのスーツ姿。

変わらず爽やかで親切な二人。 この日は向かうは板橋だったのに、心よくこの大役を務めてくれちゃった。

ホントにありがとう。




2019年11月1日金曜日

2019年10月締めくくりの週末。

26日。土曜日。

バケーションが近づいて来て、準備の買い物。でカルガリーお出かけ。


この日は帰りがけのひと時を過ごしたナコダカジノで、ちょっぴり天が味方してくれた夜(?)

勝ち負け、良し悪し決めつけ感性には、縛られないぞ。って常日頃思っている小粒さんが、今晩はかち~。って、内心で喜んだ。(爆)


27日。日曜日。


めっちゃくちゃ何年振り?かも思い出せないけど、最近バンフで、行列の出来る店。の一つになってるここで、ランチ。


何時もの、女子会~。


これは、仲ちゃんを利用して、並んで待ってる人を取ったの図。1。


その2。


ちょぴりルイジアナ、ちょっぴりカナダ、ちょっぴりアメリカ。っていううたい文句がぴったりなのと、とにかく、とにかく、メニューの品数が爆発的に多い。

2時までは、ブレックファーストメニューとランチメニューの双方から選べるので、さらに。


その後、腹ごなしのバンブラ。
バンフの本と雑貨のお店、Indigo。

『日本の人ってタコ食べるのに、タコのぬいぐるみって見ないですよね~』
『ホント、こっちの人、タコ食べないのに、このリアルな足の感じ、何?』の図。


バンブラ後の、今月締めくくりの女子トークは、セントラルパーク脇、Jump Start

ここ、最近までは、昔センターで働いてた、エディーっていう韓国人がオーナーしてたんだけど、この日は別の韓国人のお兄さんがいて、『エディーは今日はいないの?』

『彼は家族でカルガリーに引っ越したんだ。』 

新オーナーさんも、エディーの親族らしいけど、『エディーお友達割引』なんちゃって、
かなり値引いてもらって、冷たいデザートと暖かい飲物を、午後の日差しの中で、いただきつつ、3週間ほど会えなくなる(恋人同士か?)仲ちゃんと、相変わらずの話題壮絶な、午後。を過ごしました。

ブログアップ、また少し静かになるかもしれません。

懲りずに覗きに来てください~。





2019年10月26日土曜日

2019年10月。季節は揺れながら、月末へ~。


小粒ブログ、読者を続けてくれてる皆さまに感謝。

(だって、こんなにさぼってるのに、このページチェックに来てくれている常連さん?の数が、落っこちて行かないんです。不思議なくらい。)

今年は、いや、今年も?この9月10月は、コンファレンスシーズン大沸騰で、大忙しでした。 

毎年、ひとつづつ歳を重ね、『それは、老けるではなく、叡智の構築!』って自負?しつつも、たま~に、人、モノ、事、予算等々の縛りが、すんなりとは、私を通してくれないってりう不自由、障害、限界、多様性とコントロールドラマ。。に阻まれたりして。

相変わらずの、内面ばたばたは、ちょこちょこ。それでも今年もなんとか、大波を乗り越えましたぁ。

まあ、そんなことを言ったって、日本の、(思えば私の父親がその典型だったかな~?)一時の、ビジネスマンさんと比べたら、その厳しさはお子様状態かも。だし、別に清算、収支合わせも、まったくロケットサイエンスではないし、コーディネートのお仕事は決して一つ一つは、難しい事でもなんでもなく、時間、物、事、在庫、計画、人を、一つのコンファレンスやイベントの成功に向けて、調整するだけのことなので、たぶん誰でも出来るんだけど、その『量』たるやが、激甚災害状態でした。(笑)

ようやく、深呼吸できる土曜日の朝。

それでも、今月も息抜き、自然との共鳴、友人や仲間との笑顔の時間。がそこここで味わえて、つくづく素敵な場所に生きてる。って思えるバンフ。です。

駆け足、さらに伐採でのスナップショット。が続きます~。


BCのゴルフ(一つ前の記事)から帰った夜半から、バンフの気温は急降下。


冬の足音が近づいてきた。


10月9日 水曜日の朝。


こういう、気温がマイナス一桁とプラス一桁を行ったり来たりしちゃう時の方が、道がつるつるになって、ヤバイです。

御近所のセンター同僚のバートとその奥さんが、立て続けに、道で、滑ってコケちゃった。っていう朝。


でも、日差しが日中に戻ってくれば、


ぐんぐん、


ぐんぐん、


この時期の雪は消えて行きます。

10月11日金曜日。

晴れてカナダ永住権をゲットできた、新顔CSM ヤニーナをお祝いして、


この日は、ヨーロッパの家庭の朝ごはん風?だっていう、四角いピッザ風に仕上げたパンケーキ3種が、コンファレンスのフロアーに持ち込まれ、パンケーキブレックファーストで一日が始まった。


クイックに朝のひと時を一緒に過ごして、この10分後には、みんな真剣な顔で、自分のオフィス、デスクに帰って行きました。



そして、週末、10月12日土曜日。


大分雪が消えたし、太陽が気持ちよかったので、


町まで、ミニミニウォーキング。


まだ、Bow River は、凍てつく前の顔をしています。


この日は、バンフのMaple Leafで、バーガーランチ。なんと、2時間半も居座って、コーヒーのお代わりも、とめどなくサーブしてくれる、親切なインド系のサーバーのお兄さんに、甘やかされて、長居しておしゃべり。おしゃべり。そしておしゃべり。


それでも、飽き足らず、食後バンぶら。のあと、


おんなじカスケードショップ内だけど、場所が変わったセカンドカップに、初めて入って、本日の女子トークのしあげ。しました。


13日。日曜日。

この日は、光とカルガリーに買い出し。 娘が巣立って、すっかり消費量の落ちている我が家ですが、この日は、A マートのそばに、ロシアの食材マーケットを発見。

エレーナが喜びそうな品揃え、(ちょっと日本人には慣れ親しみの薄いもの)が並んでた。


そして、19日、土曜日。

今月は、ワールドカップラグビーを毎試合テレビ観戦してて、それもそれで盛り上がる日々。


この日は、半日お仕事で、その終わりを狙ってきてくれた仲ちゃんと、Vistasで、ランチ。してから、町に繰り出し、私はお初の、Elk and Avenueホテル内、Good Earthで、お茶。

途中から、ギターの生演奏が始まって、急に店内の雰囲気が、『う~ん、やっぱりバンフリゾート地だわ。』って振動に変わった。


この日は、ぼたぼたのブリザードのような、短い吹雪が数回バンフを駆け抜けて行った。


これ、とっても、個人的意見かもなんですが、バンフ大通りのラーチ(カラマツ)が、まっ黄色になると、いよいよ秋の終わり、を感じます。


翌20日の日曜日は、午後の3時から、ハッピーアワー。 (Earlsにて。)

町はどこも、リゾート価格なレストランがひしめき合うバンフですが、ここのハッピーアワーは、飲み物、おつまみともに、と~っても、リーズナブル。

ここの、写真紙芝居だけみたら、『これでもか~』の、Hard Workerの、小粒さんの生活とは、思えないでしょう?

って、自分で自分を笑う。

10月最後の週末です。今月を締めくくったら、しばしのご褒美休暇。に入ります。

みなさんも、良い週末を。


2019年10月7日月曜日

10月6日、7日。ゴルフ~。


シーズンの最初と最後に、どうも足の向く、


お隣りの州へ、一泊二日、ゴルフ旅行~。


光も私のお初ラウンドの、


ここ、コッパーポイントにやって来ました。

(ここ、ポイントコースとリッジコースってのがあるんですけど、難しいと評判のポイントコースに挑戦。)


さすがBC、まだまだ花が咲いちょる。


お天気最高。


軽くウォーミングアップ。


ライダーみかちゃんも、用意万端。


噂には聞いていましたが、いやー、グリーンの速さ、地形の波打ち、上がったり下がったり、噂にたがわずの超、難関コースでした。


でも、今回の数字を基礎に来年はコースレコード更新を目指して、また来るぞ~。って思わせてくれる、チャレンジャブルな、体験。


そして、今晩は、


何時もの変顔夫婦と、


何時ものリゾートで、お湯に湯がかれ、


ぷふぁー。。。。


良く休まりました。


明けて日曜日。


Riverside コースへ。

 

12:41のTee Offだったんだけど、かなり空いてて、45分近くも早く、スタート出来ちゃった。


そしたら、なんと、途中サーモンの遡上も、ゴージャス?に観光できた。

この日は、ずっと強風、そして、後半は、ちらちら小雨。

シーズンを締めくくるには、ちょっと残念な結果でしたけど、終わった瞬間にまた回りたくなる、いや、旨くまとまらないからこそ、また挑戦したくなる?

ゴルフクレービング エンドレス。

でも、今シーズンは、もしかしたら、これが最後。かも。です。

たのしゅうございました。

一緒に遊んでくれた皆さまに、感謝。