2020年12月1日火曜日

12月になってる~。

こんにちは

このブログを引き続き覗きに来てくださっている皆さまに、感謝です。

アップが超スローになっていても、それでもチェックしてくれているあなたに感謝。

12月になりました。

11月の終わりにバンフはState of Emergencyが春に続き再び発令されています。

レイクルイーズと合わせて合計1万4千人を切る町で、180人以上の感染者が確認されたからです。

夏から、町には国立公園を訪ねてくる州民さん達でにぎわっていたし、秋になってからは気温と湿度がどんどん下がったし、3月の時点でトルドー首相も寒さ、乾燥で広がりは増える。と、見越していらっしゃったけど、こんなに人口の少ない町でも、密なんて意外と避けて暮らせているように見える町でも、ウィルスさんはうごめいているようです。

のん気に過ごしすぎてしまい、11月の誕生日に免許証が切れてたのを過ぎて数日してから気づき、慌ててライセンスオフィスに連絡したら、「大丈夫よ~、並ぶかもしれないけど、オフィス開いてるから。」すごく親切なお姉さんで、何曜日は混みがちとか、何時くらいに午前中のラインナップが収まる傾向だよとか、色々教えてくれたので、本日12月1日、無事更新手続きして来ました。

帰り道。













本当にこんなに山も空も空気も綺麗なのに、どこにいるんじゃコロナウイルス!

出てこい~。全部紫外線222照射で綺麗にしたるぅ。(ってカナダにはそんなガジェットで回ってませんです。)

最近思うのは、みんなそれぞれローキーで、引きこもりモードのせいか、メールとか、メッセンジャーとか、ラインとかで、連絡するとものすごく返信が早いです。

心なしか、Facebookでの、みんなの反応も、早かったり、あれ~、めっちゃ久しぶりっていうもと同僚や昔の友人が良いねしてくれたり。

改めてたくさんの知人、友人、同僚、仲間に恵まれて来てたんだな。って思うわけです。

心から安全な旅が出来る世界が再び来る事を祈ってるし、

アメリカの大統領選は混沌で、まだ混沌澄み渡らないみたいだし、各国事情は違えども、コロナ対策に最前線は必死だし、日本だけまた動きが特別で、政治的リーダーシップには、???が多いけど、そしてカナダも、どこまで、このほぼベーシックインカム的にコロナで影響を受けている国民達をサポートし続けて行く体力と戦略があるのか、

未来は本当に誰にも見えないし、描けないし、分からない事だらけだけど、

まさに、人生はクエスト。サバイバルゲーム。って覚悟して、慌てず騒がず日々生きて行きたいところです。

安全で、平和で、健康。ってどれだけありがたいことか、本当に思いますね。


2020年11月4日水曜日

早11月。2020年時間の流れが速いですね。。。

3月19日から突然出勤しなくていいという環境を余儀なくされて、世の中は春から夏へ、そして秋へ、再びの冬へと季節と共にあっという間に動いています。

昨日11月3日のアメリカ大統領選挙はこれまた不可解極まりない感じで一帯何日結果まで時間がかかるのか??首をかしげる状態。CNNの速報に何時間釘づけにされてたことか。。

ヨーロッパもアメリカもコロナ第二波真っ最中の様子だし、すこし状態は良くてもカナダもまだまだじみに増えてるこの冬。

日本は外から見ているとGo To キャンペーンをしらーっと進め、毎日のコロナ患者報告もなんとなく飽きられているのか?という空気感も感じる。

アルバータ州もここ数日は新規感染者確認の報告が連日500人を超えててICU入院者も現在27名と、春以来最高の数を推移している。

CERBという緊急時補助金が全ての失業者に長きに渡り配られまくってたカナダ。9月28日からはその補助金がEI(失業保険)へと移行した。

カナダはどこまで身銭を切って住民を守る気なのかな。と思うと同時に、2021年から3年間にわたり、毎年40万人を超える人数の移民受け入れに入るそうで、この施策がうまく進めば2023年をくくるころまでには、120万人以上人口が増える事となり、経済活動活発化に貢献するだろうし、そこからの税収等も政府予算の目論見にはあるのかもしれない。

このアメリカ大統領選挙がトランプで終わったら、カナダへ移民したい希望者がアメリカから殺到するだろうと読んでいた移民コンサルタントの人がバンクーバーからツイートしてたけど、どうやら、その大嵐は来ないまま終わりそうな雰囲気になりつつありますね。

ツイッターみるかぎりでは、カナダにはやる気に満ち溢れてる若者がワーキングホリデーで、この時期でも入国してきているし、(ジョブオファーの証明書があれば入国できてます、バンクーバーとトロントが行先としては多そう。)コロナが終わったら移民したいっていう人のツイートも、結構見かけるようになったけど、移住って、そんな優しくも甘くもないですからね。と言いたい半分、スキルがあって、投資ができて、そして英語の堪能な人には来てほしいな~。と思うわけです。

コロナ後の未来、世界、まだまだ見えては来ないけど、歴史に残る転換点である事は、間違いないでしょうね。


*****************

最近の「食」やら、もろもろシーンより。

Elk & Oarsman 火曜日のステーキサンドイッチスペシャル。これで12ドルは破格。

ミディアムレアでお願いした焼き加減も絶妙でした。(恒例の女子トーク会)


あかりと一緒にクッキージャーをアソートメント





Irish Pub のChicken, Bacon, Leek Pie 19ドル。
これも、あっつあつ、サックサクのパイで、美味しかったです。(これも、恒例の。。。)






11月1日に冬時間になりました。
そして、朝焼けが綺麗なシーズンにもなっています。




そして、めっちゃくちゃ久しぶりにEarls BarのHappy hourにも行きました。
(この日は超めずらしくあかりも女子会参加)






















そんなこんなで、地味に平凡?に、暮らしています。

2020年10月24日土曜日

2020年 白い10月。

 例年だと10月に振る雪は、数日で消えてなくなって、また降って、消えて。が繰り返されつつ11月へ。なのですが、

今年はドカンと一気に冬景色になって移行、粉雪まったり、また降ったり。。で、雪景色が進んでいます。










そして、ノーケイスキー場は95年の歴史お初!で、この週末10月24日土曜日にオープン!を発表しました。これにはみんなびっくり!です。

10月22日時点でのの予報はこんなんで。。。























その日はカルガリーに買い出しにでかけ、モールやアジアの食材等々で散財。

買いたい物が買えた日は、不思議な満足感ってあるもんですよね。

モールのあちこちではハロウィーンの飾り、設置がちらほら始まっていました、

今年はトリックオアトリートウォークがあるのか? できるのか? 何がベスト?

そんな事をふと思う10月後半戦です。


皆さんはお変わりなくお元気でしょうか??

場所場所での程度問題はあったとしても、北半球は冬に向かいます。

寒さへ向けて、体調管理、暖かくして水分、養分、睡眠とって、上手なストレス解放!して、過ごして下さい。












もうだいぶん昔に買って読み込んでた本を、また引っ張り出してきて読み返しています。

安保先生の言葉に、

病気は自分で治すもの。自分の健康は自分の責任。

医療従事者はあなたの命や回復の責任を取る人ではなく、彼らの施す医療術に対しての責任を負うのみ。 

そうかもしれないな。と思います。

日々、命令もしないのに、体の中で自分の免疫やホルモンやリンパがいろんな機能の調整を自動的にふつふつとしてくれている、と思うと、

人間の体と命の神秘を思います。

限りある人生の時間。そしてその日々。

今日も前向きで明日という未来に向かって紡いでいられますように。


2020年10月16日金曜日

冬へ。

 こんばんは。

10月14日の朝目覚めたら、冬が到来していました。










この時期だし、数日でこの雪は消えるか?と思いきや、

本日16日、また吹雪いてるし。













吹雪きのなか活動中のロバしか君と目が合っちゃいました。

カナディアンロッキーの大自然の中で越冬を迎える野生動物たち。

人間様はあちこちで、ちょっと違う事に苦しんでいるけど、一緒に元気で新しい春を迎えられますように。



2020年10月5日月曜日

バーミリオン秋色散歩

 2020年10月3日。土曜日

お天気が良いので、バーミリオンレイクの散歩に出かけました。(言わずとしれた?仲ちゃんがこの日も私の相棒さんです。)

写真が全て?を語るでしょうか。あったかくって、穏やかなすんばらしいお天気だった。。









途中、自転車で何人も知り合いとすれ違いました。自転車乗ってる人が、とてつもなくたくさんいらしたわけですが、


まゆみさんに、足押さえてもらって、小魚を必死こいてすでキャッチ!を試みている地元のお子様にも遭遇。(キャッチアンドリリースには成功したらしいです)




軽い運動の後は乾いた喉を潤す?暇があったか否かのコーヒーチャット。

夕焼けで一日が締めくくられるまで、穏やかな秋びよりを楽しませてもらいました。